カテゴリー別アーカイブ: @ざつぶん

ざつぶん

あけおめことよろ(超遅

あ、あれ、あけまして、おめでとう、ござい、ます。(超遅

という日も過ぎて、またひとつ歳を重ねてしまいました。
去年はいろいろと散財してしまいましたので、今年は節約の年としたいなと思っています。
その中で、今年のひみちゅ兵器にと去年のクラウドファンディングで支援したものがまだ届いていないという状況もあって、どう有効活用するか練習しつつ考えますわ。

仕事納め

去年の今頃は収入がゼロで大ピンチでしたが、今年は今年でなんとか順風といったところだったのに、
家電の更新やスマホのアップデート、3DSやPS4の購入、差し押さえなどで、今年も家計がgdgd崩壊しかけてしまった1年となりましたが(汗)、恒例の大反省会です。

仕事面

結婚関連の映像制作を2本、コンサドーレのスカウティングと札幌マラソンのアシと、例年通りの少なさ。新幹線の恩恵はほとんどなし。札幌マラソンでは警察に個人情報取られたりとか散々。一方でコルセン方面は頑張りすぎてしまった結果、税金や社会保険がかなり値上がってしまった。来年以降は何か違う展開にもっていかないとやばいかも。

健康面

例年はほとんど風邪ひかず・・・のはずが、春は虫歯のために歯の治療、夏と冬に大きな風邪と、8月位からの謎の両足の腫れに悩まされました。12月になってやっと足は完治したものの、壊死したような黒い浮腫は残りました。消えるのか、これ。

映画面

今年はオリジナルのアニメが大豊作。「ガラ壊」や「planetarian」など、個人的に楽しめたものから、「君の名は。」のような化け物ヒットで監督が遠い存在になってしまったような事や、「この世界の片隅で」のような胆力を感じるものなど、色々あった。満を持して新千歳のイベントにやっとフルで参加することもできた。
それにしてもアニメの劇場上映がえらく増えた気もする。これでは財政がピンチである。

アニメ面

今年はずいぶんと延期や中止が多かった。倒産案件も多かったね。将来がちょっと心配。

・Dimension W
おっさん主人公とアンドロイドの美少女の近未来SF探偵もの?という路線が面白かった。

・ふらいんぐうぃっち
魔法少女が普通に営む田舎暮らしの様をごく普通に描いており、終わった後のロス感が半端なかった。

・甲鉄城のカバネリ
終始展開が緊迫していたが、美樹本先生のキャラが動く感動を久々に見れてよかった。

・ハイスクール・フリート
「はいふり」からのタイトル変更で始まり、萌え路線かと思いきやしっかり燃え路線だったり、見事な艦隊戦や作戦演出など、今年1番の快作。

・クロムクロ
P.A.WORKS初のロボットアニメ。無骨感漂うメカデザインは、造形的に進化しすぎた昨今のガンダム等と比較してこちらの方が圧倒的に好き。2人乗りというところもダッシュで発進する処も良い。メカものであっても人間ドラマにしっかり仕立てられているところも良い。

ゲーム面

・オーディンスフィア レイヴスラシル
作品を作りこむとはこういうことだという事を具現した快作。厚塗り調の絵が何の破たんもなく動く様は圧巻。

・グラビディデイズ(PS4リマスター)
重力姫を操る事が楽しい。2作目が楽しみ。

その他

個人的な影響はなかったものの、夏~秋の台風4連戦で破壊された日勝峠の惨状を見ると、未だに「試される大地」だよなぁと思う。今年はどうかしていた気がする。来年はきっと何かいいことがあればいいな。

それでは、よいお年を。

Playstation 4 Pro

PS4Proヨドバシ.comで注文しましたが、発売日に届きました。
現存する中では8台目、ファミコン時代からすると11台目のゲーム機です。
Amazonでは予約枠が中々取れず、10月ごろに時々ヨドバシ.comでキャンセル枠が出ていたらしく、うまく注文することができました。
同時にこんなのが発売決定になってどうしようか悩みましたが・・・およそ10か月ほど前に、

オーディンスフィア レイヴスラシルこれを買っていたので、さほど揺るぎませんでした。やっと遊べます。(笑)
間を置かずに本体を購入する予定ではあったのですが、上位版(当時は「NEO」とか呼ばれていた)の噂があったので買い控えていました。

PS4Pro早速設置。台座はないですが、特に倒れそうな感じはなさそう。
質感は、全体的には初代PS4の方がよかった感じはしますが、タッチボタンは不評だったのでよかったかと。ただ、PS4Proの方はずいぶんと細く長くなってLEDとイジェクトボタンと一体化されており、少々おもちゃ感はありますね。

歴代PS歴代PS。PS1は持っておりませんでしたが、PS4Proが思った以上に大きめ。

今後はPS4関係も話題として取り上げていく予定です。

New Nintendo 3DS Super Famicom Edition

New Nintendo 3DS SFC Edition我が家に、およそ20数年ぶりに任天堂製ハードが来ました。
New Super Famicon。もとい、New Nintendo 3DS Super Famicom Edition です。
4月にこのモデルが出るとニュースが流れた時点でポチりました。

SFCは、実は初期モデルから遊んでおり、グラIIIや悪魔城ドラキュラやアクスレイやらで遊び、後半はもっぱらストII対戦マシンとして稼働していたんですが、気が付いたら全てなくなって(親戚の子供にあげちゃったとか・・・)いました。最近はレトロ需要が高まっているので買いなおそうかなと思っていましたが。。。

箱からしてあの当時のデザインがイカしてます。

New Nintendo 3DS
印刷ながらもSFC本体を象っているボディ。裏面にはきちんとカセットスロット(の印刷)も健在。イカしてます。ただ、LLのせいかちょっと重いですね。厚みもそこそこあるのであまり持って歩く気にはならないかも。
4GBのSDカードはすでに本体に入っており、電源入れたらそのまま遊べるようになっていました。ただ、充電するためのアダプタがないので・・・

GEO 巻き取り式 USB ケーブル事前にGEOによって買った巻き取り式のUSBケーブルを用意。
また、画面出力とかがないので、これはどうしようか悩みどころですね。

ということで、あまり具体的な使用目的を考えてなかったのですが、しばらくはプチコン3号で遊びます。

文房具図鑑

文房具図鑑噂になっていた本を買ってみました。

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ – ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/29/news111.html

[amazon item=”4866070048″]

正直言うと、思っていた以上にすごく楽しい本だった。とても小学生レベルとは思えない。文具紹介の最中にクイズやら漫画もあり、図鑑としてだけではなく、しっかり「本として楽しめるように」体裁が工夫されているのもマル。そこらの薄い本にも引けを取らないレベル。さすがに自分の時代ではこの発想はなかったな。。。
ライターになるのか、文具メーカ勤めなのか・・・何にせよこの子の将来がとても楽しみですね。
惜しいのは「コクヨ」のコメントが巻末のみだったこと。

文房具文具に関してあんまり拘りがあるわけではないのですが、ウチで長年使っているのはPILOTの「DrGRIP」シリーズ。初期の頃はペン先のゴムの部分が抜けやすかったり、劣化で黄ばんだり水濡れのようなシミができたり、見た目が良くなくなってしまうのですが、ボールペンであれば芯が別途交換出来たりできるのと、太さが手になじむのでなんとなく使い続けていますね。

文房具2シャープペンについては何故か高校生の時からあえて製図用(芯先が長いタイプ)を気に入って、一番のお気に入りがペンテルの「GRAPH 1000」。最近まで使っていたいた黒モデルが折れてしまい、臨時で買ったのが、写真上のトンボの「MONO graph」。手になじむ太さで、振って芯が出たり消すゴムがついているので、そこそこ使いやすい。但し芯が出すぎた場合の調整がちょっと面倒。
最近、まさかGRAPH 1000が未だに売っている事を知って改めて買いなおしたのが下の「GRAPH 1000 CS」赤モデル。ちょっと細めのモデルなので、近いうちに「GRAPH 1000(フォープロ)」を追加で買おうかどうか・・・とか思っていたりする。
製図用は近場の店では中々見かけないので、amazon万歳である。。。

[amazon item=”B0013NFZU8″]

文房具3他、特殊用途向けのペンや、企業向けノベルティとして配られているボールペンなど。

PILOT MARKER はDVDラベルにメモやタイトルを書き込むのに丁度いい細さを持つ油性マジック。
TooのCOPIC sketch はいわずもがなの有名なアナログ画材。
X68000のは現存する中では一番古いノベルティもの。X68000 SUPER[HD]を買った時に電卓や電飾やタオルと共にもらったもので、およそ20年くらい前。
SONYのノベルティものはアルミボディのシャープペン+3色ボールペン。切り替えダイヤルなどはなく、後ろに書かれているメニューを上向きにしてノックをかけることで切り替えするという結構凝った機構を持つペン。メーカ不明でボールペンの替え芯入手が厳しい。
Adobeのノベルティものは、アルミボディの少々短いノック式ボールペン。出先でのメモ用には丁度いいかもしれない。