カテゴリー別アーカイブ: もばいる

docomo SC-02H Galaxy S7 Edge

Galaxy S7 Edge

我が家に新しいデバイスが仲間入り。
スマホとしては3台目。ケータイ端末としては記念すべき10代目になり、docomo F-07Fからの機種変。
正直ケータイにあまりお金かけたくなかったけども、F-07Fのあまりの操作感の悪さもあって、引き続きガラケーにするか、ガラホにするか、悩んでいたのでした。
また、個人的に結構使用頻度が多い「おサイフケータイ」機能に対応するガラケーが少なくなってしまったことに加え、撤退してしまったサービス(ビックカメラとかマクドとか)も出始め、正直進化どころか退化の一途ばかりが目立ち始めたので、思い切ってスマホに戻すことにしました。

現在のiPhone 6も秋の満期をもって解約の予定でもあったので、まぁ丁度良いかなとも。

丁度、docomoの夏モデルが発表され、一番がっこよくて勝手がよさそうだったGalaxy S7 Edgeを選択しました。(かなりの部分で特典の「VR GEAR」に惹かれたという話もありつつ、)初めてdocomo online shopで注文。で、本日到着。

SDカードは64GBを購入し、Qi対応の充電置台を用意。

[amazon item=”B00Y9XVD0A”]

[amazon item=”B017SMDMIE”]

本格的使用は明日からだけど、なかなか上品なボディなのでラフには使えない。。。

Update 2016.5.29

Galaxy S7 Edge見た目にわかりづらいですがELECOMのケースと、薄い保護シートを別途購入。
ELECOMのケースは淵は黒いのですが裏面が透明なので白いボディにマッチ。ストラップ穴もあるのでなかなかカッコよくなりました。

久しぶりにAndroidに戻りましたが
・5.5インチのディスプレイは綺麗でいて、動きは軽快。追従も問題なし。だけど、画面変化などでiPhoneのようなエレガントさはなし。
・ホームボタンはiPhoneに比べると軽め。カチカチ軽い音がする。
・指紋認証は特に問題なく登録できたけども、iPhoneの登録メニューと比較するとわかりにくい。
・初回に何かを起動する度に「利用規約」が出てくるところは相変わらず。
・iコンシェルは相変わらず邪魔。(笑)
・ボディの質感は最高。持ちやすいけども、片手で操作しようとすると、親指下がパネルに触れて誤操作が起きやすい。結局両手で操作が増えそう。
・Qiの非接触充電は便利。

個人的に、韓国企業だからとか出時には一切興味はなく、そこに魅力的な製品で必要があれば普通に買う方なので安易な企業批判はしたくはない。特にケータイ事業において、日本の製品はどことなく保守的である中、アイデアに富んだ製品を企画して世に出してくる「処」には、なんとか応援したくなるものだよなーと思うのだが。

Anker PowerCore 15600

Anker PowerCore 15600出先でスマホやPSVITAを充電するためにいろいろ探していたところ、Amazon で超破格値で出ていたので購入。15600mAhという大容量モバイルバッテリーです。

[amazon item=”B011TQQ9RG”]

届いた時の箱がなんともApple譲りで「Happy? 」「Not happy?」と書かれたカードが入っており、サポセンの電話番号や「家族やアマゾンにも広めてね(意訳)」と書かれています。

重さはまぁそこそこ重め。ですが、専用の巾着袋がついており、ケーブルと一緒に入れて持ち歩きやすいようになっています。気が利きますな。

PSVITAで半日ほど接続していましたが、満充電からもメモリ1つぐらいしか減らず、イベントには最適でした。

 

dstickだめぽ

IMG_0487

結構前からうちのdstickが不調である。
端末が熱を持ってくると、Wi-Fiルータが近くにあるにも関わらず「URLが見つかりません」という連れないエラー表示。何度も初期化しようがWi-Fiつなぎ直ししても直らなくて。
前に一度W-Fiが認識できなくなって交換した2台目なのだけど、元々キャンペーンでタダでもらったものだし、そろそろ換え時、なのかもしれない。

chromecastということで買ってきた。
chromecastさん。登場してから大分たっており、結構安定したか、それともサポート終わるのかどうか・・・。

・設定は結構簡単。但し、Choromecast対応のアプリを個別にインストールする必要がある。
・どうも出力は1080p固定っぽい?(キャプチャーするには少々厳しい?)
・なので、元々SDの作品などはコーミングが厳しいことがある。
・PC(Chrome)からも制御できるので幅が広そうだ。

しばらく使ってみたい。

SRS-BTD70

SRS-BTD70通勤時に音楽を聴いている人は多いと思う。
地下鉄乗っていても、イヤホンをスマホにつないで音楽や映像やゲームを楽しんでいる人を良く見かけるし、ヘッドホンで聞いている人も見かける。でも大体が有線接続っぽい。
有線もいいのだけど、時々ケーブルが煩わしいことがある。

そんなときに最近の携帯デバイスでは大体備えているのが「Bluetooth」の対応。これに対応したイヤホン&スピーカというのが出ていて、その一つがこのSRS-BTD70。元々は数年前にちょっとした講義用に個人的に用意したものなのだが、これはBluetoothデバイスを搭載したPCやスマホと「ペアリング」することで、ケーブルを繋がなくても手元で音を聞くことができるようになるもの。このモデルの場合、有線でも接続ができ、なおかつ単三電池を入れておくことで電源の無い野外でも使うことができる。
大きさもちょっとしたペットボトル位のものなので立てて置けば特に邪魔にならない。その割りに結構な音量まで上げることができるので、ちょっとした講義の時には大変重宝した。

音自体はBluetooth接続の為故に、2.4GHz帯の電波に干渉しやすい影響で無線LANが不調になったり、タクシー無線などの車載機器などの影響でブツブツ切れてしまったりする場合もあるが、極端に移動さえしなければ特に切れたりすることはない。
音質自体は「A2DP」プロファイルの「AAC」コーデックのためか、やや固めで、曲によっては「カスカス感」が煩わしいことがあるが、ウーファが搭載されているので全体的にはちょっと昔の「ラジカセ」に近い感じ。
横にすればそこそこのステレオ感もある。

最近は、SONYが開発した「LDAC」というハイレゾ音源に対応できる新しいコーデックの登場で、長い間懸念となっていた音質の改善もされていくようで、SONY製品だけではあるが既に対応製品も出始めている。

ペアリングという行為がちょっと手間だが、割とデバイスに影響されず、何よりも煩わしいケーブルから開放されるのは他の何にも変えがたい。気になる方は最近は価格も安くなってきたので試してみてはいかがだろうか。

pointpointpointpointpointpointpointpointno pointno point
この作品に対する評価は、10点中8点

iOS9.0.2にアップデートしてみた。

iOS9.0.2なんか週刊になっている気もするが、とりあえずアップデートしてみた。
どれもウチでは該当していなかったのだけど、、、運が良かったのかな。

現象が起きている方には朗報でしょう。
ちなみに、再起動かかると必ずパスコ―ド入力が必要なので指紋認証のかたは要注意です。