月別アーカイブ: 2014年10月

レトロ列車を追って

SLニセコ号昨今の不祥事の解消や北海道新幹線開業への資源集中、新型の自動列車停止装置(ATS)の搭載が難しいという理由から、函館本線からSLが再び消える(かもしれない)、かつ、カニ目C11(207号)も検査期限が近いことから運用を終了する(かもしれない)ということで、丁度良い機会だったので撮ってきました。北海道はSLが最後まで(なんと自分が生まれた時にも走っていたという・・・)運用された土地なだけに、感慨深いものがあります。

C11207小樽駅に停車中のC11。1941年製の3次系機関車で、一貫して釧路・根室方面で使用されたという車両。濃霧が多いところなので、前照灯が2台つけられている事から「カニ目」ともいわれています。
タンク型機関車で、同型機の中には「きかんしゃトーマス」として活躍していたり。
停車時間中は運転席の見学もできるようで、大勢の親子連れが並んでいました。

小樽総合博物館本来の目的はこちら。
小樽交通記念館もとい、小樽総合博物館。
とある目的でレトロ電車の参考資料が欲しかったのと、冬期間は屋外の展示車両の大半がブルーシートに覆われてしまって見学できなくなってしまうので。元市民ですが来たのは初めて。ええ、非市民ですとも。
隣は「リストランテ・トレノ」というイタリアンレストラン。味はまあまあなものの、接客が下手で頼んでも来ない&水は頼まないと来ない事があるのであまりおすすめせず。一方、道路を挟んで向かいにある「小樽ラーメンあっぱれ亭」というラーメン屋はおすすめですが、人気店なので昼時は結構混んでます。

野外展示手前は、かつて道内の主要都市を走っていた特急用気動車「キハ82 1号機」。キハ80シリーズのシンボルでもあった大型のボンネットを無くし、床下にエンジンや補器を搭載するという、今の気動車特急のデザインの礎となった車両。かつて小樽を走っていた特急「北海(函館―札幌・山線経由)」の看板をつけています。
懐かしいですねぇ。廃止の時には見に行ったっけ・・・。
中間は蒸気機関車「C55 50号機」。1937年製の3次形機で、1947年まで「急行利尻」として宗谷方面を走っていた道内最後のC55。静態保存とはいえ、結構ボロボロです。
奥は電気機関車「ED76 509号機」。函館本線の電化開業に合わせて誕生した量産機関車のうちの1台。

・・・という解説がプレートにないのが不満ですね。只の展示名だけではつまらない。

DD51-615小樽はどちらかというと事業用車両、いわゆる「貨車」や「雪かき車」に関する展示の方が多い印象。
蒸気機関車を駆逐した凸型ディーゼル機関車「DD161」・・・ではなく、「DD51 615号機」。小樽築港機関区所属の貨物用機関車として山線を走っていた機関車。ヘッドについているスピーカーは、入換作業時の誘導掛への連絡用だとか。
小樽交通記念館時代にはかなりボロボロだったのですが、塗りなおされており、今にも走り出しそうな編成(救援車編成になっているのがまた事業車っぽい・・・)で保存されているのがいいですね。

道内はもとより日本全国にSLや旧機関車の保存が行われていますが、保存というよりは「放置」に近いものが多くて、老朽化に拍車をかけている気がします。こういった「動いていたもの」はきちんと「動くもの」として保存するべきだと思うんですよね。なので、観光資源的な意味でも、JR北の決断は少し残念な気がしないまでもありません。
(新型ATSが乗せられないという件も、別に補機のDE15に搭載すれば良いだけに、コストの問題が主な理由だと思います)

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海12月に予定している新作の復習を兼ねて視聴。
いきなり冥王星のメ2号作戦から本編スタート。回想を織り交ぜつつも、細かいエピソード(木星でのワープ&波動砲テストや、第14話「魔女はささやく」のようなサイドストーリ的なエピソードはばっさりカット。ドメルとの2度の死闘をベースに構成されている、正に総集編でした。
デスラーさんの描かれ方が残念なのは相変わらず。しかも帰投時の最後のエピソード(第25話)がバッサリカットなので、第二バレラスでの緊急ジャンプ後、行方不明的に終わっています。
(その影響なのか、ED中のヤマトの艦橋内シーンでは、森さんの衣装がネグリジェ?ではなく通常のスーツ姿になっています)

総集編としては仕方ないのでしょうが、保存しておくべきはやはりテレビでの放送版やBD版かな。
シークレットファイルなるものが配布されていますが、これは実際に本編で生かしてほしかったところですね。本編の後半はかなり急進行でしたからね・・・・。
今回は特に評価はせず。12月の新作を楽しみに待つことにしようと思います。

関係ありませんが、11/9の北海道コミティアでは、むらかみみちお漫画原画展があるそうなので、そちらも楽しみです。

PlayStation® LIVE Circuit 2014 札幌

PlayStation® LIVE Circuit 2014 札幌ファクトリーホールで行われたイベントですが、札幌では珍しいので行ってまいりました。
クラブ風のステージはおしゃれ。
しかしまぁ、どこも混んでて(平均30分以上待ち)試遊どころではなく。
PS PLUS 会員だと受付でハンドタオルがもらえたらしいです。

FINALFANTASY零式HD

最長60分待ちだったキラーソフト?のひとつ。PS4らしく非常に綺麗でしたが、自分は前作もプレイしたことがなく、なにがなんだかでMP切れでフルボッコされることが。

Phantasy Star NOVA

PSO感謝祭でもプレイしましたが、今回はシングルモードでレンジャーで挑んだら・・・フリーズしました。(笑)
そろそろ完成のはずだが大丈夫かね。
ちなみに、新VITAで遊んだのですが、非常に軽くてよかった。

テイルズオブゼスティリア

唯一PS3出展という作品。TGSバージョンですが動きはほぼ完成の域かな。シームレスバトルは気持ちいいかも。ただ、操作してる感が希薄かな。

試遊回数やクイズの回答によって引けるくじ引きもありましたが全滅。ひざ掛けやタオル(PS PLUS会員のとは違う)がもらえたようです。19回引ける枠まで用意されていましたが全部回るのは待ち時間があって不可能。こんなのおかしいよ。

ドリンクチケットが1枚はいっていたんですが、品切れでもらえず。こんなのおかしいよ。

札幌国際短編映画祭 UCGアワード2014

札幌国際短編映画祭 UCGアワード

今年も行ってきました。リストがニコニコ動画にあるので一部の曲以外は視聴できますが今回はMVのみです。ノルなーとは言いづらいコンテンツだが、リズムに乗る足ふみが結構響いて気持ち悪かった。

気になったものをピックアップ。

音葬の夜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22031937

気合の入った人形アニメ。不思議な空間を駒撮りアニメで表現しています。

まぜてこねてふにふに
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19810801
NHK「みんなのうた」で流れても違和感ありません。

自鳴迷宮
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20200720
ヘッドフォン推奨。エスノ系っぽいイメージ曲。変拍子で音域が近い音色が多く、ミキシングにクセがあって、全般的に籠ったように聞こえているのが残念ですね。

ぶれないアイで
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24347618
今季のプロ枠。ロートアイのテーマ曲。高解像度ミクがかわいいです。

去年までちらちらあったMMDが今季はゼロとか、気を使いですかね~。

au iPhone 6

iPhone 6

やっときたぁぁぁぁぁ!

9月19日発売のiPhone 6(au)を本日やっと確保しました。
9月12日に先行予約が始まって、当初はiPhone 6 Plusをweb予約したのですが、実機を見て「でけぇ!」と思い(かつてGalaxy Noteを普通に使っていた身としてはそれほどではないですが)、9月19日に急きょ予約変更。それから干される事約1か月。思った以上にかかりました。
量販店で契約すればもうちょっと早かったんでしょうが、いろいろと優先順位が違うようです。

au版を狙ったのは、JCOM利用者だから、です。
というのもありますが、サブ機ソフトバンク933SHのバッテリーがいよいよ持たなくなってきており、タイミングは悪い(違約金がかかってしまう)ですがMNPしてしまおう、という事に。933SHは2009年モデルでおよそ5年前のモデル。無交換でよく持ったほうだと思います。

iPhone 6 には最大128GBモデルもありますが、基本アプリ開発用の試験機にするので16GBです。
Plusをやめたのも、このあたりです。
JCOMの特典を使って2万円引きに成功。旧プラン使って2年間は月4500円ほどで運用できます。
先日WIMAX解約したので、相対的にトントンといったところ。

当初iOSは8.0だったので、iTunes経由で8.0.2に更新。
純正のケースと保護シートを買ったのですが、この保護シート、完全には覆わないタイプでした。ケースの兼ね合いもあるのでしょうが、専用品(iPhone 2014Aと記載あり)にしてはちょい不満。まぁ、試験機用ですから気にせず。
と思ったら、ガラス面が平坦でない(淵付近がカーブ上に加工されている)せいのようです。

札幌圏においては何故かiPhone率が高いんですよね。地下鉄で1座席全員iPhoneという事も見たことがあって、使いこなしているかはともかく、市場的には無視できない状況。開発的な意味で、いろいろと遊ばせていただきましょう。

iPhone設定マニュアルauではこういったマニュアルが配布しているのですが、iOS8対応ではありません。
サポートサイトの方で対応されていますが。。。ちょっと見づらいのが。