月別アーカイブ: 2015年8月

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン

スター・ウォーズ展終了も近いので行ってきました
夏休みも終わって気温も人も割りと落ち着いてきた頃合で、しかも芸術の森はちょっと遠い(片道約30分。費用は地下鉄+バスで500円くらい。)のでちょっとした小旅行気分でした。

スターウォーズについては、残念ながらガチなファンではございません。ただ、そのリアルな宇宙戦闘シーケンスだけではなく、様々な種族が生活し、社会が構築され、利害関係や政治的背景から戦争が起こるなど、徹底的な「世界の構築」を実現し、その中で衣装や古武道などから感じられる「日本的デザイン」が結構好きだったりします。一方で、社会や政治に翻弄される大規模な世界観でありながらも、実は正統派ヒーローものとして作られているところにも、アニメや漫画に近い親近感を感じたりもします。

それにしても、ファイナルファンタジー12の世界ってかなりSWとかぶるよなぁと改めて思った。(笑)

今回の展示ものとしては珍しく、各主要キャラや見せ場に対し、ふんだんに2~3分程の本編映像を交えて衣装や小道具や創作イラストなどを展示していました。

撮影禁止

ということなので案の定撮影禁止であります。
絵画については図録(1冊2000円)を買うと見れます。
が、このスマホ時代に何か遊べるものがあればと思うんですがね。

展示絵は殆ど「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート」所蔵のものが大半ですが、日本人参加のものもありました。SF作品のビジュアル・デザインの第一人者シド・ミード、ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザインを手がけた天野喜孝、そして萌え代表?の西又葵のイラストを確認。この中での萌え絵はかなり異彩でありました。。。

ダースベイダー卿生命維持装置つきの衣装なのですが、その装いは結構シンプルで地味目。なんだかローブっぽい。

売店では、定番の絵葉書から、アメリカンならではのソフビフィギュアなどが売られている一方で、何故かベイダー卿仕様の「前掛」けとかエコバックなどがあり、単価はかなり高めの印象。

グッツは買わずとも、展示回るだけでも十分おなかいっぱい。
結構満足度は高かったです。

自作PC「焔龍III」

自作PC 焔龍III

解説・仕様

初のXeonPCだった2号機を売却の後、メインPCにしようとしていたT510が、それほどのパフォーマンスが出なかった事から急遽作成した自作PC。伝統?を引き継いで「焔龍」の3号機。

とにかく安くケチって作ったのでCPUはPentium G3240(3.1GHz)。グラボは動態保存していた「GeForce 9800GT」。メモリだけはなんとか16GBに増強するもDVDはレス、HDDも手持ちの1TBや2TBを流用するなど、ケチさだけを追求したような構成になってしまった。

それでも、PSO2は十分動いてくれるし、HDMIからフルHDクラスでも十分キャプチャーできたりもするのだから、時代の進化はすごい。

Update 2015.11.14

今まで目的がバラバラになっていた各PCを1つに統合することになり、テコいれを実施。
・新規搭載:PIONEER BDR-209
・載せ換え:AsRock H81M-HDS → ASUS H97M-E
・載せ換え:GeForce 9800GT 1GB → GeForce GTX 750Ti 2GB
・載せ換え:ケースの都合でメインHDDを 2.5吋HDD Seagate ST975042 5400pm 750GB に変更

マザボ交換の結果、M.2スロットが使えるようになったのだけど、SSDは高いからなぁと導入は見送り。
メモリも4スロットになったものの、16GBあれば事足りてるので見送りの方向。

cinebench

近いうちにCPUのてこ入れを図りたいかも。

Update 2015.11.28

懸念だったメインHDDを高速化。
・載せ換え:ケースの都合で載せていた 2.5吋HDD Seagate ST975042 5400pm 750GB から
HGST HTS721010A9E6300 1TBに変更。
これでやっと起動時の引っかかりなどがなくなり、以前の環境にほぼ戻った。

雫ベンチ

中々早くなった(気がする)。

Update 2016.2.1

業務のためにCPUを交換。
・載せ換え:Pentium G3240(3.1GHz) → Core i7-4771(3.5GHz)

cinebench11.5

実効コアが増えたせいもあって、ゲームはかなり快適に。

Update 2016.3.1

GWX(Windows 10 を入手する)さんが煩かったのと、エクスプローラが頻繁に落ちる病に業を煮やして、以前USBメモリに作製していたWin10のインストールを実施。(GWXは使いませんでした。)

それも、11月のアップデートでWIn7/8.1のプロダクトキーが認識するようになったからですけど。

WIn10特に問題なくアップグレード。
フォルダの表示にちょっと重さを感じるけど、概ね快適。快適なんだけども、
Core i7(Haswell)では思ったほど快適とは言えないかな。Win10はほんとに「軽い」OSなのだろうか・・・。