Category Archives: 映画

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

映画サイト:https://dq-movie.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/90776/
鑑賞場所:シネマ11

賛否両論の中にある本当の姿

「ドラクエ V」は自分がプレイしたドラクエシリーズ最後の作品。
親子3世代に渡って「光の教団」の謎と陰謀を解き、魔王を討ち取るという「主人公が勇者にならない」初のRPGともいえる作品。これは本当に面白かった。
それの映像化ということで、非常に楽しみにしていたのだが、今にして思えば何かがおかしかった。冒頭は懐かしのSFC映像から始まり、やんちゃ坊主のヘンリー王子が出てくるあたりから3DCGによる美麗映像で物語が進行していく。フローラも可愛いがビアンカが超可愛い。リメイクされたらこんな感じになるのかなと想像を膨らませたのだが何かがおかしい。
ストーリを追うにしてはどうも、感動の起伏が少ない。少年時代のパパスの死にしてもあっさり気味だったり、キラーパンサー「ゲレゲレ」やビアンカたちと再会もあっさり、請け負った冒険を「クエスト」と言ったり、石化したと思ったらもう解除されていたり、重要なシーンなのに感動できない。
何かがおかしい・・・と思っての最終幕のアレは正直びっくりした。びっくりして一瞬何が起こったのか分からなかった。だが、これが「Your Story」というサブタイトルがついている理由で、監督がやりたかった「ちゃぶ台返し」だなとピンときた。

賛否両論を起こしたこのシーンについて色んなレビューを見てきたが、自分が腑に落ちたのはIGNのレビューだった。

IGN JAPAN – なぜ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は賛否両論の問題作なのか?それはゲーマーに対するふかい愛があるからだ
https://jp.ign.com/dragon-quest-your-story/37548/opinion/

じぶんがゲームに夢中だったファミコン・スーファミが現役だった世代は、ゲームを楽しむことに否定的な目で見られていたことがあった。「ゲームは時間の無駄」だとか「遊んだところで何も残らない」と親から言われていた時代だった。
確かに初期のファミコン時代はプレイ時間も短く、ストーリーもプレイ前の切っ掛け程度しかなかったが、追体験に時間を要する「ドラクエ」に代表されるRPGの登場が大きいと思う。
ある意味不遇だった時代を過ごしたじぶん世代であれば、このメッセージは響く。のだが、今はゲームプレイが飯の種にもできてしまう時代。

「制作陣とゲーマーのすれ違いラブストーリー」言いえて妙。そして的を得ていると思った。
こういう賛否を呼ぶ作品も、たまにあってもいいと思うのだ。

CG技術は高い。ディズニーにも負けず劣らずのシナリオでまた見てみたいと思った。

Girl/ガール

Girl/ガール

映画サイト:http://girl-movie.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/89979/
鑑賞場所:シアターキノ

葛藤の末の決断に至る物語

バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女の成長を描いた長編映画。
家族やバレエ学校に体に関して一定の理解(更衣室やシャワーの利用が許可されている)があり、待望のホルモン治療を開始した最中、成長とともに変わっていく体によってうまく踊れなくなることへの焦りや、同じアパートメントで知り合った男性への恋や、主人公ララに対するクラスメイトの嫌がらせにより、次第に心身ともに追い込まれていく・・・。

正直、一応当事者として理解はできる。家族も学校も比較的理解があり恵まれた環境ではあったものの、性別を決定づける「物理的な部分」については手術で除去するしかない。だが、ガイドラインに従う方法では時間が膨大にかかってしまう。
ちなみに、胸が膨らむまでには4つの過程を経て育っていくのだが、形として出てくるまでには少なくとも2年以上はかかる。成長期だと男性ホルモンの影響も大きいため、仮に薬を大量服用したりホルモン抑制剤を併用していたとしても時間的にはあまり変わらない。だが、多感な時代の焦る気持ちとやるせない気持ちの中で、ホルモン剤の副作用で精神的にも影響が出ている最中、どう折り合いをつけていくのか本当に難しいと思う。

ただ、時間は待ってはくれない。焦りを誘う表現は非常によくできていた。
気になった点としては、カメラワークがドキュメンタリー風で手振れや不用意なボケが多い。バレエのけいこが主人公ララのバストアップ・足元だけが多く、引き絵が全くないので、どのように踊っているのか分かりにくい。全体像の半分を占めるバレエシーンは少し不満。会話も日本映画のような親切さはないので、字幕を追うだけでは心情までの理解には至りにくい。

クラスメイトからの恥辱、好きな男性とも恋ができない主原因を排除しようとするが、これは絶対にまねをしてはいけない。(過去にこんな事件があった・・・)
そしてラストは果たして「自分らしく」なれたのか、特に明示されず映画は終わる。
後味の悪い、もやもや感が残る映画であった。

プロメア

PROMARE

映画サイト:https://promare-movie.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/90008/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

熱いテンポの火消しアクション

前情報なく見に行ったが、いい感じで頭がクラクラした。
久々のジェットコースター系アニメが再誕したというべきオリジナルアニメ。全体的にポリゴンで表現されたような背景は、「SSSSグリッドマン」風(通常円で構成される光の演出が全て四角で表現されている)。独特のフォント演出とキャラクターの構図は「キルラキル」風で、ダブルヒーロー仕立て+分かりやすい性格付けがされている。

最初、「バーニングレスキュー」ということで、

これを真っ先に思い出したり。(リメイクされないかな・・・)

主要な救助メカが冒頭登場し、世界観の説明や「バーニッシュ」の存在などが語られ、権力と誤解と迫害を描きつつも勢いで展開していく様は「グレンラガン」風。
単純に殴るにしても態々カメラが回り込んだり、スローモーションを多用したり、トリガーが今まで培った演出を全て投入し、さらに新しい表現方法を目指したことがよくわかる。
江戸時代に活躍した「鎧」「纏」を武具にした意匠が新しいものの、大げさに切られる「見栄」がちょっと煩わしい所が気になった。

主要人物が俳優でアフレコされているが、こちらは特に問題なし。クレイを演じる堺雅人の変貌ぶりは「半沢直樹」を彷彿させるもの。声だけでも大胆に演じれる俳優が増えてきたようだ。

モヤモヤする毎日にスカッとしたい時にぴったりな映画ともいえる。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

映画サイト:https://kabaneri.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/88815/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

和風ゾンビパニックアクションの続編

2週間限定上映とのことで、急遽見に行ってきたTVシリーズの続編。
上映は終了しているが、Amazon prime 等で見ることは可能。
序盤から細かい説明や紹介なしに物語は始まるので、
事前にTVシリーズ・総集編を見ておくことは必須だ。

TVシリーズ終盤で、金剛郭崩壊から半年。北陸の要所「海門」を取り戻そうとした北陸連合軍に合流し、攻略の最前線に立たされていた。ヒロイン無名(穂積)は有線の2丁拳銃からカートリッジ式の銃剣に持ち替えてカバネと対峙。持ち前の運動能力は変わらず華麗に撃退する。油断する無明をフォローする主人公生駒だが、謎の頭痛に悩まされていた。
辛くもカバネの大群を撃退するが、統制が取れているような妙な動きを察知するも、連合軍には伝わらず、これが後に大きな分岐点となっていく。

前作での悲惨な別れからか、無名(穂積)の可愛さがグレードアップ。「海門」の隠されたドラマもしっかり描かれており、中編としては内容の濃い作品となっていた。
エンディングも必見。

 

バースデー・ワンダーランド

バースデー・ワンダーランド

映画サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/birthdaywonderland/
映画.com:https://eiga.com/movie/90538/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

床下に広がるワンダーランド

「クレしん」映画で有名な原恵一監督に、キャラクター/ビジュアルアーティストにはロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブを起用した独特のデザイン。主人公アカネの声は、原監督の実写作品「はじまりのみち」にも出演した松岡茉優が演じる、個人的には久々の別世界冒険活劇?モノ。

主人公が小学生という設定から、本作はどちらかというと子供向け映画・・・のわりにデザイン的に大人びたキャラが多いので、一見では想像を掻き立てづらく違和感だけが残ってしまった。
また、担当俳優の演出力がやや棒読み気味だったので、感情の起伏が読み取りづらかった。
敵対側のキャラが実は・・・という展開は嫌いではないが、感情が読み取りづらかったゆえに、「この子本当に棒だなー」とか思ってしまった。
まぁ、本職を採用しなかった理由は制作サイドにしか分からないけども、できうる限り、声の演出にはもう少し気を使うべきだったかもしれない。
謎の装甲車メカやらレトロチックな自動車など、デザイン的には面白いが、叔母さんが積極的すぎて、主人公やガイド役のピポ爺さんの役どころを食ってしまったり、脚本というか、展開のアンバランス感が少し気になったところ。主人公の成長をきっちり描きたいと思ったのか、中途半端感を感じてしまったのが残念。

冒頭と終盤に出てきた床敷きから、ニヤリとはさせられたかな。

アリータ バトル・エンジェル

映画サイト:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/
映画.com:https://eiga.com/movie/88451/
鑑賞場所:シネマ11(ユナイテッドシネマ札幌)4DX3D

日本の漫画コンテンツがハリウッドで

今となっては珍しくも無くなってきているが、本作の雰囲気や話の流れにおいてはほぼ完ぺき、ともいえるのではないだろうか。

漫画家木城ゆきとが描くSF漫画「銃夢」が原作(正確にはOVA版を下敷きにしている)となる本作。原作は昔から知っていたのだけど、作者はかなりのデリケートな方と色々「黒い噂」があって、冒頭以外はあえて避けていた経緯がある。噂はおそらくは本人のストイックさから来たもののようで、今となっては良く分かる部分も。「本気」でなければ「いい作品」は生まれない。
今回は会員カードの更新ついでに4DX3Dで見てきた。

舞台となっているクズ鉄街はかなりストイックで雑多な雰囲気があったが、そのまま本作でも忠実に再現されていたように見えた。サイボーグ化された各部の表現も含め、アリータ自身もあえて目を大きく表現され、ほとんとがCGによる魔法処理が行われているようだ。
4DXでは、モーターボール等でのバトルシーンでの激しい揺れだけではなく、カメラワークに合わせて「挙動」を再現している。だいぶ手馴れてきた気がする。
中々面白かった。

あした世界が終わるとしても

映画サイト:https://ashitasekaiga.jp/
映画.com:https://eiga.com/movie/88442/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

別な世界がリンクしていたら

博報堂グループの映像企画・制作企業クラフターが手掛けたオリジナルフルCGアニメ映画。
今の世界と別の世界が人知れずリンクしていた日本で謎の突然死が多発していた中、主人公のシンもまた幼い頃に母を亡くして以来、心を閉ざしていた。幼なじみのコトリと紆余曲折の末、ようやく一歩を踏み出そうとした2人だったが、突然もうひとりの「シン」が現れ、物語は動き出す。。。
2つの世界に同じ人物が存在し、一方が死ぬともう一方は突然死という形で現れる・・・という、ネタとしてはやや古典的な世界感だが、フルCGにしては非常にキャラクターが良くできていて、尚かつ良く動く。感情表現もいい。実在の新宿を落とし込んだ背景もかなりリアル。
いやはや、セルルック表現のレベルがすっかり高くなったなぁ。と感慨深い。
でも、造形や何やらがどこかで既視感あるなぁ・・・と思ったら「新世紀いんぱくつ。」の監督さんだった。

互いが互いを知り、コミュニケーションをとらなかった事で始まった戦争。
主人公やヒロイン後がリンクしている先は「敵方」。しかし殺せば主人公やヒロインが突然死してしまう中、どう解決していくのか・・・それなりのドキドキ感はあったが、主人公サイドだけではない裏事情の描写が抜けている(例えば、別世界がリンクしてるという発見の過程・理由など)ため、全般的に説明不足感があるし、終盤は超展開(おい)もある。
何か感動を呼ぶ要素は少ないが、それなりに面白かった。

CGWORLDでの制作特集記事に期待したい。(笑)

Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly

映画サイト:https://www.fate-sn.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/88009/
鑑賞場所:ディノスシネマズ札幌劇場(最速上映会参加)

桜が黒くなる物語

ゲーム「Fate stay/night」の最終ルートにあたる「桜ルート」の第2章。
第1章ラストで頼みのサーヴァントであったセイバーが黒く(セイバーオルタ化)なり、第2章では間桐桜の隠された事情と真の姿が描かれる。
映像としてどのシーンもかなり気合が入っており、特に背景の細かさ(冒頭の地蔵や街並みなど)には相変わらず無駄なほどに綺麗で、今回作中(たぶん)初めて性的行為も描かれていた。モロ出しではないが、この後の桜に起こる結果が分かっているだけに、改めて切なく容赦のない映画だと感じた。
忘れ去られているかもしれないが、元々が18禁ゲームであり、サーヴァントの維持や絆の構築のために性行為をするという設定の名残が今回初めて演出上活かされたように見えた。
中盤のセイバーオルタとバーサーカーとのバトルあたりから激しく悍ましい展開が続くため、見終わった後はもやもや感が残るし、イリアスフィールの笑顔だけが心の支えになるとは思わなかった。シリーズものの中盤ゆえに中弛みしがちな映画が多いが、弛みはしないまでも赤が激しすぎて非常に疲れるかもしれない。セイバーオルタのチートすぎる攻撃は見どころでもあり、いろいろな意味で複雑な感情を持ってしまった。

最終作は来年春とのこと。花のような明るい背景だったことから、もしかすると例の「ラストエピソード」が描かれる可能性もありそうだ。

ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

映画サイト:http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/sp_movie_theater.php
映画.com:https://eiga.com/movie/88450/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

テレビ版の続編

前作「ラブライブ」と同様のテレビ版の新作続編。
前作「ラブライブ」劇場版は優勝記念旅行(行先はアメリカ)から始まるが、「解散」するという最後は決まっていたので、フィナーレを向かうための本筋のストーリーラインが薄く、PV部分以外は非常に感想を書きづらい映画だった。今作も正直あまり期待していなかったのだが、閉校を機にメンバーが6人になってしまったが、卒業生3人を巻き込んで「チームAques」の「ゼロからの再構築」を目指した葛藤を本筋に描かれていて、不満だったストーリーラインが十分際立った映画らしい映画になっていた。1カメじゃ無理だろうというやりすぎ感のあるPVや、顔の形や目のカタチが同じなので初見ではキャラ判別が困難、せりふ回しがウザ気味なのは相変わらずではあるが。

個人的にも、何度も仕事が変わり、研修から受けなおす実質ゼロスタートに逆戻りすることが多かったが、今までの体験や経験を踏まえれば「決してゼロではない」というセリフに、思わず熱くなってしまった。自分のような挫折の繰り返しが続く各々には、是非ともこの映画を見て勇気づけられるといいと思う。

「性別が、ない!」インターセックス漫画家のクィアな日々

映画サイト:https://seibetsu-movie.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/89058/

この身でなければ理解されない「壁」

「性別が、ない!」というタイトルで漫画を描いているエッセイ漫画家「新井祥」と「彼」を取り巻く人々のドキュメンタリー映画である。名前だけは夏ごろに知っていた。しかし道内ではシアターキノで1回だけの特別上映とのことで数年ぶりに見に行ってきた。
今年は、某議員の暴言から始まり、良くも悪くも「LGBT」という言葉が社会に広く認知されてしまったが、実際のところ「LGBT」とは何なのか・・・そんな疑問を持たれた方にとっては良い教材・・・かもしれない作品。メッセージ性は強いが、ストーリー性は薄めで、所々に漫画のカットを使った説明やエピソードが幕間のように挿入されている。

性別が、ない!

絵柄は御覧の通り、タッチは濃いめ。

インターセックス(IS)関連でいえば、ドラマ化もされた「IS〜男でも女でもない性〜」の事が記憶にあるが、この映画はあくまで「新井祥」というIS視点からのドキュメンタリーなので、彼がどう人と接し、どのような生活しているのか、ドローンやジンバルを使用したカメラで赤裸々に映像化されている。

正直、こういった方向のドキュメンタリーはCXの「ザ・ノンフィクション」等で過去に取り上げられており、残念ながら内容的には目新しいものは無かったが、「どちら側の性も一通り経験がある」という所が個性の部分だろうか。
実際のところ「LGBT」にはISは含まれていない。よって海外では「LGBTIQ」と表記していることがある。(I:Intersexuality Q:Queer/Questioning.

染色体異常による疾患であり、性に関する機能が半端な状態で残されるため、外見だけでは判別しにくい(もしくはできない場合がある)という一種の「病気」なのだが、第二次性徴期を経て初めて気が付くという、トランスジェンダーとは違う「物理的な違和」を抱えてしまう違いがあるそうだ。だが、どのドキュメンタリーでも描かれているが「当事者」でないと、この違和は分からないし、理解に至らない・・・という事象がどうしても避けられない。
それは、リアルに「自分の身になってみる」ことが不可能だからだ。この映画の中でも葛藤をするFtM当事者の両親や相方の姿等が描かれている。

将来、VRの技術が進めば、上記の漫画のような異性を「体験してみる」ことぐらいはできるようになる可能性はあるが・・・。

途中、行きつけのバーでハッテン形の接客をした従業員の女の子に対して「不快」だと叱っていたシーンがあったが、見方を変えると「己の主義を他人に押し付け」ていないか、地が出てしまったのではないか気になったところがある。
ただ、それを否定する気にはなれない。どんな性であったとしても「人間」である。好き嫌いはあるし、自身の主義主張を通したくなることもある。ただ、場を壊すのならばポジティブな意味で場所はわきまえた方がいいだろうなぁ(例えば主戦場の漫画ネタにするとか)とは思った。作中も自身を卑下にするネタが多いので、この方は意外に「ネガティブな熱を変換して」漫画を描いている方なのかなぁと思った。
最後の埋もれて生きている当事者からの批判に対してコメントを残しているが、同意半分、余計なお世話なんだからほっとけばいいのに半分、というところである。

原動力は人それぞれだが

どんなことを熱量にして生きていくのかはさておき、どんなカタチであっても目的は「幸せになりたい」1つである。弱い自分も悪い自分も受け入れ、落とし処がわかるのならば、できるならポジティブな方向がいいと思う。闘い続けて生きることに疲れてしまっては元も子もない。
今この瞬間に己の性に迷っている方々へ、身の丈に合った生き方をこの映画から見つけることができれば、いい切っ掛けになるのではと思う。