Monthly Archives: 6月 2019

TOYAKOマンガ・アニメフェスタ2019

中山峠2019

今年も裏方で2019

第10回目という一区切りになる本イベントだが、有志イベントは除き、特に新しい企画などは見当たらず、天気の方は予報通りの生憎具合で、去年から地道に調整してきた(?)ヴァイオレット・エヴァーガーデン衣装ver.1.2が1日目でずぶ濡れになってしまい、ある意味踏んだり蹴ったりな事になってしまったが、とりあえず夢の時間から無事に帰った。今回はそんなレポート等等。

暗雲の0日目

札幌からバスに揺れること3時間半ほど、小雨の洞爺湖温泉に到着。
早々にチェックインして戻るが雨は止んだり大雨になったり。
ただ、到着時点で大体の準備は完了しており、一部のテントを設営してほぼ終了。
だが、一部のポスターの誤字修正に「工作員」としてかかわることに。
レストラン望羊蹄で晩飯の予定だったが間に合わなかった。そこでおっさん?4人で伊達のびっくりドンキーに行って食べた。

試された1日目

・朝5時半に徘徊するアリさんに起こされる。朝風呂後、昨年の再撮を目的にヴァイオレット・エヴァーガーデン衣装で準備。あとついでに、持参した聖剣エクスカリバーも持ち出す。
・案の定4Fの同人誌コーナーに配置。準備完了すると間もなく開館。
・昨年と同じ顔触れだったが、いつものリーダーは同人誌コーナーに出店していた為今夏は不在。
・外は小ぶりの雨から本格的に降ってしまい、外に出られないレイヤーたちが館内に入ってくるようになり、混雑が続く。(結果、あまり外に行くことができなくなった。)
・昼はおにぎりしかなかった(実際は別な場所にあったのだが・・・)ので途中空腹との戦いに。
・くじ引き用景品が早々になくなってしまい、一部コーナーは早々クローズ。特賞もさっさと消えてしまったのは非常に痛かった。
・1日目営業終了後は軽く朝の準備をしつつ、早々に着替えの為ホテルに退避。傘があったが一部の下水が逆流するほどの大雨で完全にずぶ濡れ。
・ホテルに戻ると盗難騒ぎで私物確認。幸い、盗難されたものは無かった。
レストラン望羊蹄で晩飯。新作のクリアファイルを確保する。

・かわなみ3Fで行われた、洞爺湖ボドゲ倶楽部でTRPG・・・したかったのだが、中々終わらず未知のボドゲを手ほどきを受けながら遊ばせてもらう。新鮮ではあったが、目的は達成できなかった。閉館まで残り30分すぎると相手が居なくなり、やむなく退散。
・最後のエーデルワイスでTMAFFAN5を受け取る。山口さんは相変わらず丁寧語でこわい・・・。

TMAFFAN5ちなみに、この巻末に拙作の「広告イラスト?」が載っていることはあまり知られていない。まぁ、こんな豪華な執筆陣の中じゃ仕方ないよな・・・。スランプさえなければね。
・今回は大部屋24人。ここまでくると漢臭さが半端ない。鼾がやばい。今後は対策が必須。
・大浴場の洗い場で待ち子が発生する。そろそろ増設など検討する必要がありそうだが、ホテルはどこも厳しいらしいからねぁ・・・。

さらに試された2日目

・朝6時半に起きて朝風呂・朝食後、今回はスガイの「閉店祭」Tシャツ(高橋名人サイン付き)を着ていった。一部の場所を除いてはあまり受けなかった(笑
・寝不足気味だったが、北大公開ゼミ「アニメ紙編集長と語るアニメコンテンツ最前線」に無理やり参加。今回の参加イベントの中で一番楽しかった。MCの小新井涼さんには着てたTシャツがウケた。洞爺湖アニ〇ー〇ュは是非とも期待したい。
・時間の合間を縫って付近を歩いたり、グリザリアの原画展をこっそり見てくる。
・なんだかんだで、11月の北海道COMITIAに参加表明をしてしまった。
・そういえば、家族でコスプレする一家が今回は見かけなかった。
・気がついたらくじ引き景品が余ってしまったため、同人誌出店グループに配ったのだが、そういえば自分まだ引いてなかったなぁと。
・今回は閉会式は参加できなかった。重大発表があったそうだが、そのころウチは何をしていたかというと・・・掃除なう早くしろと急かされつつ、4Fフロアを只管掃除・窓閉めをしていた。昨年はコスプレのままだったな。
・この後屋台コーナのテント備品片づけに合流し只管汗を流す。崩れたメイクのまま(笑
・事務備品しまう為に再び4Fへ。せっかく電気消したのに。。。w
・21時からいつもの恒例の打ち上げ(その1)に参加。ここで北大の先生(センター長にクラスチェンジ)と名刺交換(笑)。いつものじゃんけんで勇退する北島BOSSと写真を撮る会(10名)に参加。只管祈って差し上げました。
・2次会は特に企画されておらず、昨年のリベンジ?は果たせず。再び鼾地獄に巻き込まれる。

試されすぎた3日目

洞爺湖の空なにこの天気。サイコーじゃん。(月も出てる)

大反省会

・荷物で余計なものを持ちすぎた。(衣装リペア用道具とかPCとか)
・MHXX買ったはいいが、全く進める余裕がなかった。
・ボドゲでTRPGは期待しすぎだった。(元々TRPGはプレイ時間が長い)
・長物に関する運搬方法を検討すべきだった。
・ウィッグのおだんご固定方法を再検討すべきだった。
・鼾対策とメイク対策。
・一部で残念なことがあったのが残念。

次回はどうするのか

・BOSS勇退後の来年はどうなるか、どうするのか、結局最後まで知らされていない。どちらにしてもコスパが終わってから動きがあるのではないかと。
・新作の衣装もそろそろ用意したい。まずは聖剣のためにセイバーと別口でニーア関連を(え。
・その前にやっぱダイエットだよなぁ。(ポッコリおなかを見ながら)
・一方でCOMITIA向けの展示物を少しずつ進めたい。

I CAN IT.

大体、セルフで取ろうとするとあちこちおかしい。

87式偵察警戒車

札幌から大型ゲーセンが消える日

スガイディノス札幌中央

「ゲーセン」が札幌から消える日

ついにこの日を迎えてしまった。
北海道内において、おそらく唯一1980~90年代のゲームが総合的に遊べる大型ゲーセン基幹店である「ディノスパーク札幌中央店」が閉店した。ビルの老朽化にということだが、新築されるビルには入居できないらしく、大通界隈や札幌駅前など空き地や工事中の所も多い。移転を前提として一旦閉店するとのことだが、今のアミューズメント人気状況からすると、「復活」は微妙なところだと思う。(報道では秋には・・・と言っていたが、どうなることやら。)

ZUNTATA DJライブ

ゲーセンミカドとのコラボイベントは参加不可だったが、なんとか夜のZUNTATA・DJライブの鑑賞、そして最終日にはギリギリで仕事の都合がついたため、折角なので6/2のみボラ参加した。

ZUNTATAが関連する札幌ライブはなんと26年?ぶり。
如何に北海道界隈がターゲットに入りづらい(移動に伴う諸経費やスケジュールが組みにくい)かを物語っているが、それよりもよくまぁ、IOSYSが関係者を引っ張ってこれるまでに成長したというべきか。全ては「東方Project」にうまく乗っかった所から始まっただけに憎々しい。(笑)

ちなみに、個人的なレトロゲー他で心に残ったサウンドは
ファミコン:悪魔城伝説
スーファミ:アクトレイザー・アクスレイ
メガドラ:サンダーフォースIII・IV
サターン:パンツァードラグーン・ナイツ・サンダーフォースV
XBOX:パンンツァードラグーンオルタ
XBOX360:デススマイルズ
PS:ヴァルキリープロファイル
PS2:FF12
PS3:戦場のヴァルキュリア
PS4:グラビディデイズ2
PC88:イースシリーズ・スキーム
X68K:ドラゴンスピリット
アーケード:ドラゴンスピリット・ドラゴンセイバー・ダライアス
ぐらいだろうか。

タイトーだと、やはりダライアス・ニンジャウォリアーズかなぁ。
しかしタイトー曲とハウスアレンジの相性の良さが垣間見たイベントだった。

閉店ボラは、Twitterによる参加応募者はわずか3人。(笑)
役割は17時からのゲストイベントの警備。支給されたTシャツとアウティング防止のためウィッグを着用して仕事をこなした。それ以外の特典らしいものは本当になく、疲れ果ててしまった為に終了後Tシャツにサインをもらいつつ、早々に退散した。

閉店やだぁぁTシャツサイン

こっそり憧れだった、レイヤーDJのSHIHOさん高橋名人のサインを貰ってきてほぼ満足。
高橋名人のサインは有料でしかも30分程待ちの状態。さすがは名人という影響力。
自分も有料でも稼げるような人物になりたかったなぁ・・・と。(笑)

客層はやはり男性が圧倒的だったが、ちらほら外国人や若いお姉さんなども少し見かけた。毎度これほどの入れ込み様であれば閉店自体も避けられた可能性もあるのかもしれないが、ゲオやライザップの力をもってしても、ゲーセン・映画館を含む総合アミューズメントという分野の行く末を変えることはできなかったのかと思うと残念だ。