au Design project INFOBAR xv

たぶん最後の機会になるかもしれない、かつて憧れていた「INFOBAR」。
今年になって「クラウドファンディング」が行われたが。都合により参加することができなかったものの、応援のつもりで予約していた。そして丁度2年契約を更新した回線が空いたので早速「機種変」してきた。

スマホ疲れにガラケーの「INFOBAR」

地下鉄では、どこもかしこもスマホとにらめっこしている人が多い。アプリ開発を目的として自分もガラケーの他にiPad/iPhone/Androidと複数台持っていたが、ここ10年でキャリア間で発売される製品はすっかり「個性」が失われ、一方で海外メーカの製品がずいぶん増えた。「デザイン」が中々売りとならなくなり、コストに負けてしまい、どんどん失われてしまった。でも、その以前からauだけは「デザイン」で勝負を続けていた。
かつてデザインを仕事として行っていた1人として、非常に共感を持っていた。

この機会に入手出来てうれしかったが、既にガラホ(au TRUQUE X01)を持っているし、SNS関連やおサイフケータイ関連はAndroid(docomo SC-02H)の方が充実しているので、当面は「家電話」として使用する予定だ。

簡易レビュー

「INFOBAR xv」レビュー ファンは購入必至、ストレート4Gケータイの完成形だ (1/3)

15年分の愛が詰まった「INFOBAR xv」は最高だ!

ニュースサイトで、既にいくつかレビューが上がっているようなので、詳しいことはそちらにお任せするとして、持ってみた感じとしては個人的にはやや小さめ。ボディは艶があるので指紋や手油が目立ちやすい。今はスマホケースなど使う事が多いが、当時のガラケーはそのまま使っていたので特に問題は感じない。一応、透明カバーは別売であるので気になる人は使うのもありかもしれないが、おそらくスタンドが使用できないと思われる。

iPhoneのようにサイドにSIM/SDカードスロットがあるので、取り出しはやや面倒だったりするが、スタンドが標準で付属(ケーブルなどはなし)するので「家電話」「目覚まし時計」としては問題なく使えそうだ。

フレームレスのボタンだが、多少ぐらつきっぽい感覚はあるが特に問題はなさそう。但し、爪が隙間に引っ掛かりやすい。

実機やモックに触れないままでの購入だったので心配だったが、記念すべきモノとしては概ねよかった。メインのガラケーの予備機として大事にしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください