VTuber活用まるわかりセミナーin札幌

VTuber再考

ここ数年、「VTuber」なるものが流行っている。
有名なのは、昨年からBSで番組を持った「キズナアイ」やポータブルオーディオのアンパサダーに就任した「電脳少女シロ」など、企業広告展開やYoutube等で独自の番組を展開し、人気を博している。一方で個人でゲームプレイなど行っているキャラもおり、現時点で6000名存在しているというVTuberだが、既に飽和状態だったり淘汰の時代を迎えつつあるような話の中で、何ができるのかできないのか、丁度札幌でイベントがあるとのことで、ちょっと見極めようと参加することにした。

場所はアスティ45の16階。レンタル会議室の一角だった。
Peatixでの事前予約だったのだが、講義机はなく、デモ機材の関係で座席は狭目。辺りを見回すと、平日ということもあり背広組が多かった。年代はざっくり20~30歳台ぐらい。VIVE JAPANの代表も来ていたそうで、割と盛り上がりそうな予感があったが、勝手に期待しすぎたのか、正直残念だった。

講演概要と感想

VIVE JAPAN からの新製品紹介

VRコンテンツ開発やVTuberには今や欠かせない「ヘッドマウントディスプレイ」メーカの雄である、VIVE JAPAN(HTC)からの新製品発表。、CESで発表されたアイトラッキング(目線)に対応した「VIVE PRO EYE」と、外部センサーを極力省ける(らしい)謎の「VIVE COSMOS」、そして未発表の「謎のヘッドマウントディスプレイ?」が紹介され、夫々のデモ機が用意された。
今のところ、こういったVRデバイスを導入する余力や場所がないので、開発に参入する予定は無いのだが、デモ時に待ち行列が長すぎてしまったので試すことができなかったが、装着と眼鏡との関係を確認できればよかったかな。

ちょっと変わったバーチャルキャスト活用方法

完全に肩透かしを食らってしまったバーチャルキャスト社の講演。
「ちょっと(約5度程)間違った未来を創る」という志向は「ニコニコ」らしくてまあ良いのだが、ビジネス的に、ドワンゴ社とインフィニットループ社がどう関わって合弁事業となったのか知りたかった。

VetualCast体験会の面白さや多様性について

あねえるたん氏がバーチャル出演。リモート講演のデモっぽい事を実演。確かに「講演内容が頭に入らない」イベント後の「打ち上げ等に参加できない」というデメリット(笑)は確かに考え物かもしれない。まさに「ぼっち」。
「VIVE PRO EYE」で対応するアイ・トラッキングの「VTuberにおけるデメリット」についても話されていた。

最新VTuber事情

Mogera調べの現在の事情。多くは個人運営が多く、収益自体も投げ銭がメインとなっているので、「VTuber自身の」ビジネスとしてはまだまだ成り立っていない模様。企業製品の広告塔だったりエンタメ以外の需要から収益を狙うしかなさそうだ。なんだか既視感を感じる。

モノビットエンジンの事例紹介

開発会社モノビット社の講演。かなりビジネスっぽさを感じた。

ヴァーチャルキャストを通じた顧客ニーズの把握とマーケティングプロモーション&VTuberコンテンツに求められる高音質とは

業務用音響メーカのティアック(TASCAM)社による講演。今回一番面白かった。
要約すると、ドワンゴ社との共同企画で誕生したオーディオデバイス「MiNiStudio」が期待したほど売れず、他の道を探っていたところ「VTuber」なるものに行きつき、実際に美少女になってイベントを行ってみたら意外な方向の需要(主にボイスチェンジャーに関する要望)と遅延に関する課題、広告に関する課題(特にダメだった部分)が分かり、新製品に向けて頑張ってる・・・といった話。ティアック(TASCAM)社は昔から広告が下手なイメージがあったが、やっと気が付いたようだ。(笑)

見えてきた?もの

VTuber活用まるわかり・・・できたかといえば、事例がテクノロジー系に寄りすぎていて、できなかったと言えそうだ。

正直、大型のヘッドマウントディスプレイの存在が、かつての3Dメガネの失敗と同じ轍を踏みそうでPSVR含めて導入を踏み切れないでいる。VRの没入感は確かに新感覚なんだけども、装着の面倒さやVRChat等に割ける(=リアルの時間を割く)時間がない年代の人間には、VRデバイスは高価すぎるおもちゃで終わりそうで怖いのだが、当サイトの広告塔としてのキャラクターを今年中に作るという企画があるので、一旦はそちらに注力しようと思う。

収益に関しては、今のところは何とも言えなさそうだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください