プロメア

PROMARE

映画サイト:https://promare-movie.com/
映画.com:https://eiga.com/movie/90008/
鑑賞場所:札幌シネマフロンティア

熱いテンポの火消しアクション

前情報なく見に行ったが、いい感じで頭がクラクラした。
久々のジェットコースター系アニメが再誕したというべきオリジナルアニメ。全体的にポリゴンで表現されたような背景は、「SSSSグリッドマン」風(通常円で構成される光の演出が全て四角で表現されている)。独特のフォント演出とキャラクターの構図は「キルラキル」風で、ダブルヒーロー仕立て+分かりやすい性格付けがされている。

最初、「バーニングレスキュー」ということで、

これを真っ先に思い出したり。(リメイクされないかな・・・)

主要な救助メカが冒頭登場し、世界観の説明や「バーニッシュ」の存在などが語られ、権力と誤解と迫害を描きつつも勢いで展開していく様は「グレンラガン」風。
単純に殴るにしても態々カメラが回り込んだり、スローモーションを多用したり、トリガーが今まで培った演出を全て投入し、さらに新しい表現方法を目指したことがよくわかる。
江戸時代に活躍した「鎧」「纏」を武具にした意匠が新しいものの、大げさに切られる「見栄」がちょっと煩わしい所が気になった。

主要人物が俳優でアフレコされているが、こちらは特に問題なし。クレイを演じる堺雅人の変貌ぶりは「半沢直樹」を彷彿させるもの。声だけでも大胆に演じれる俳優が増えてきたようだ。

モヤモヤする毎日にスカッとしたい時にぴったりな映画ともいえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください