今までのこと、此れからのこと。2018

更新するかどうか、正直迷った。

今や中年とも老害とも言われかねない年齢になってしまったので、以前のように仕事を選んでいる余裕はもうない一方で、所属していた派遣会社(ア〇コ)の担当者は、1月事件(次回契約更新の大事な話を立ち話(しかも玄関)で済ませようとした営業担当にキレた後、話を打ち切ろうとするも営業担当にビル内を追い回された事件。)以来信用できないし、円熟期に入った現在の業務も、頑張っても今年11月までしか入れないというのに何のフォローもない事に嫌気がさしてしまった。あいつ等は、人の派遣契約に人生掛かっている事なんて、なんの関係もないと思っているのだから・・・仕方ない。

ただ、退任のメールにかなりの数の在宅さんやら関係者さんから返信と励ましを頂いたことは、今回の任務はひとまず高評価頂いたと思っている。派遣会社があまりにもクソだったことが、慙愧に堪えない。札幌市内では現在コルセン・テレマ関係の派遣会社がタケノコのように増えているが、その裏では、コミュニケーション能力が低いクソな会社が増えている実情があることも、懸念しなければならない。

あと、コルセン・テレマ関係の仕事に就こうとしている方には忠告。
大体どこも、徹底したKPI管理の元で完全な成果主義であることが大半で、満たさなければ研修中に終了になったり、デビュー後も場合によっては精神的に追い詰められることにもなりかねない仕事なので、そのあたりよく考えて選ぶべきと思う。

さて、切り替えて、これからどうするか。
フリーランス時代の借金がまだまだ残っているので、整理・完済を目指しつつ、新しい事にも対応していこうと思っていて、

昨年の11月に購入したAmazon Echoのスキルプログラミングの研修が今年に入って札幌でも行われており、参加させていただいている。AmazonのエヴァンジェリストはAdobe時代の師匠である。

普通に使ってよかったのは「ながら作業」に最適だということ。そのよかった部分で何かできるのか、アイデアが出なくて困っている。。。最近になって画面がついているモデルも登場したり、スキル公開できるとTシャツとEcho Dotがもらえるとかで、勉強を重ねて何か作りたいと思っている。

6月は様々な準備が重なって、参加予定だった「コミティア8」はキャンセルせざるを得なかったが、TMAF FANの原稿と上記の衣装(笑)は一応完成し、公開できた。この衣装、細かい問題が残っている(ブーツが小さめで長時間の歩行がきつい、ワンピースの首回りが合わない、ジャケットの袖が細い等)が修正の上で、9月の某イベントには参加しようかなと思っている。
2020年に映画化も決定したので、しばらくは使えそうだ。

一方で、撮影業を違う形で復活予定。

まずは、次の仕事が見つかるまで最小限の活動になってしまうが、
まだまだ諦めないでいこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください